リースで利用18年08月08日18年08月10日管理者

安く導入する方法としてコピー機のリースがあります。リースというのはリース会社とリース契約をしてコピー機を利用するという方法です。こちらは購入する場合とは異なり、またレンタルとも異なる契約形態となっています。

リース契約このリース契約にはいろいろなメリットが存在しています。まず資金を効率的に運用することができるでしょう。リースの場合、毎月一定額のリース料を支払っていくだけで良いのです。購入する際には一度に高額なお金を支払わなければいけないため、リース契約の方が運転資金を留保できるというメリットがあります。また、リース料金については経費として処理することが可能です。そのため、税金面でも有利になります。

また、リース契約の場合は事務作業を合理化することができます。必要な事務はすべてリース会社に任せてしまうことができるからです。また、固定資産に形状されることはないため、財務比率を悪化させないというメリットもあります。

リース契約の場合は常に最新の製品を利用できるというメリットもあります。陳腐化を防ぐことができるのです。購入してしまうと数年後にはかなり古くなってしまいます。リース契約であれば、期間が終了したらまた新しい契約で最新の製品を導入することもできます。